渋谷の3代目税理士ブログ

HOME 渋谷の3代目税理士ブログ 【社長のお悩み相談】スタッフ層で経営者目線のある人材を育てる

渋谷の3代目税理士ブログ

【社長のお悩み相談】スタッフ層で経営者目線のある人材を育てる

いつもありがとうございます。渋谷の田中會計事務所です。社長から頂く相談で一番多いのが「人」にまつわる相談です。なかなか人が定着しない。自分の想いが伝わっているのかわからない。社員が満足しているのか、不満なのかもわからない。などなど。お金の悩みは事業が軌道にのれば、なんとか解決できるかもしれませんが、人にまつわる悩みは永遠の課題ともいえます。私がアドバイスしているのは、「スタッフ層でも社長の気持ちがわかる、経営者目線のある人材を確保、育成することを考えてください」ということ。大抵は、社長VS社員という構図になってしまいます。そこで、社員の中、できれば一番下っ端の社員の方で社長の気持ち、経営者目線、経営者のセンスを持っている人材がいれば、だいぶ絵が変わってきます。「社長はこう言っているけれど、おそらく、こういう意図なんだろうね。前向きにとらえようよ。自分が社長だったらどうするかなあ。」というように社長の思いを共有できるような人材の確保がとても大切です。「そんな人材いないよ!」などという声が聞こえてきそうですが、そんなことはありません。たとえば、バイトであっても店長経験者、部活動でのキャプテン、マネージャー経験者、ご両親が商売をされている方などなど。最後は社長の目利きで採用となりますが、「経営者目線を持った人材の確保」というテーマで採用をしてみると組織がより強靭になり、困ったときに、下から支えてくれる貴重な存在になるでしょう。ご参考まで。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tanaka-tax.com/mt/mt-tb.cgi/397

コメントする

関連記事

創業支援パック

ページトップへ